ノミの被害と駆除方法

ノミに吸血されると激しいかゆみをともなうことは有名ですが、ペスト菌やヘモバルトネラ症などの病原菌を媒介することもあります。 しかも繁殖力が非常に強く、野良猫やハクビシンやアライグマなどの外部要因が発生源になることも多く、駆除が非常に困難です。
ノミの駆除はノミ自体の退治と併せて、外部要因の対策もポイントとなります。

ノミの被害

        
かゆみ
主に膝から下を刺されることが多く、腹部や脇周辺など全身の柔らかい場所を刺すダニとは区別することができます。 刺されると激しいかゆみが1週間ほど続きます。
感染症・アレルギー
ペスト菌や発疹熱などの病原体、感染症を媒介します。人間だけでなく、犬や猫等のペットにもアレルギー症状が出たりします。
ストレス
刺された時の激しいかゆみや、跳びはね付きまとってくるノミは強いストレスを与えます。併せて駆除が非常に困難であることが、恐怖感から睡眠不足やノイローゼになる人もいます。

ノミの駆除方法

    
薬剤による駆除
発生状況や建物の構造に合わせて施工方法を決定します。
液体散布処理理、高性能微粒子噴霧(ULV)処理 、残効性薬剤処理、粒剤散布処、など
発生原因の対処
野良猫が庭に来ていたり、家屋にハクビシンやアライグマなどが侵入することで蚤を寄生・持ち込むことがあります。このよう場合、発生原因を対処しないと、抜本的な解決にはなりません。

ページトップ


      


駆除・対策・予防のご相談・お問い合わせは、

対応地域

愛知・三重・岐阜・静岡・長野
富山・石川・福井・大阪・兵庫
滋賀・京都・奈良・和歌山

お問合せフォームはこちら




 
 


















コンテンツ

 中部ホームプロテクト株式会社HP
 中部ホームプロテクトHP
 中部イタチ相談センター
 中部ネズミ相談センター
 中部ハクビシン相談センター
 中部アライグマ相談センター
Copyright(C)2011 中部ホームプロテクト株式会社 All Rights Reserved.