ハチの生態と特徴

 全国各地で相次いでいるハチの被害。特にスズメバチによる死者数は毎年30~40人以上にのぼります。近頃では都市部や住宅地で巣をつくり活動するケースが増加し、いつ被害に遭うかわからない状況にあるといえます。

  スズメバチ アシナガバチ ミツバチ
     
 巣の形
  • マーブル柄のボール型で六角形の部屋は見えない
  • 出入り口は通常ひとつ
  • お椀を伏せたような形
  • 六角形の部屋の一つ一つがわかる
  • 通常は働きバチが表明に密集している
  • 六角形の部屋が板状に重なっている
 場所
  • 屋根の軒下
  • 天井裏
  • 木の枝
  • 土の中や木の空洞
    など
  • 屋根の軒下
  • ガレージ
 などの開放的な場所
  • 天井裏
  • 床下
 などの閉鎖的な場所
時期   7月頃~12月頃   4月頃~10月頃    2月頃~11月頃
体長   20~40mm   15~25mm   10~15mm 
種類
  • コガタスズメバチ
  • キイロスズメバチ
  • オオスズメバチ
      など 
  • セグロアシナガバチ
  • フタモンアシナガバチ
  • キアシナガバチ
         など 
  • ニホンミツバチ
  • セイヨウミツバチ
       など 

スズメバチ、アシナガバチは次年の女王蜂のみが、朽木、倒木、土中などで越冬します。ミツバチは巣に集団でかたまって温めあい越冬します。
越冬した女王蜂は新しく巣をつくり、巣が最大に大きくなるのは9~10月頃で、越冬することのない働き蜂は死滅ます。冬場に空の巣が残りますが、以前の巣を翌年に再利用することはありません。

ページトップ


      

駆除・対策・予防のご相談・お問い合わせは、

対応地域

愛知・三重・岐阜・静岡・長野
富山・石川・福井・大阪・兵庫
滋賀・京都・奈良・和歌山

お問合せフォームはこちら














 
 








コンテンツ

 中部ホームプロテクト株式会社HP
 中部ホームプロテクトHP
 中部イタチ相談センター
 中部ネズミ相談センター
 中部ハクビシン相談センター
 中部アライグマ相談センター
Copyright(C)2011 中部ホームプロテクト株式会社 All Rights Reserved.